E.A.J.は未来人材教育推進・地域振興事業を行うNPO法人です。

7/24~7/30 中・高校生対象サマーキャンプ開催! 募集は終了しました。

サマーキャンプの概要

 

 

拡大版はこちらをクリック

 

拡大版はこちらをクリック

 

 

 

医療従事者を志す高校生を対象に、6泊7日のメディカルサマーキャンプを開催します。

 

現代における科学技術の急速な発展によって、膨大な症例データ、医学論文を学習した人工知能が、人間の医師では理解不能な領域まで踏み込んで、しかも驚異的なスピードで治療法を選定し、成果を挙げるようになってきています。

 

この様な流れの中で、患者との直接対話による信頼関係、医療行為に対する補償の問題など、人間の医療従事者が向き合うべき課題には、知識・技術だけでなく、患者や周囲の医療関係者とのコミュニケーションを欠かさず、協調して目の前の課題に取り組む姿勢・スキルがこれまで以上に大きくかかわってきます。

 

医学部を有する大学は軒並み、アドミッションポリシーの中で明確に上記のようなスキルを備えた学生が欲しいと発信しています。つまり、高校卒業の時点で、知識・技術以外に医師・その他医療従事者に求められる資質を磨いてきていることが求められているのです。大学で学ぶことの本来の目的である専門知識や技術の習得に専念するためにも、こうした流れは当然と言えます。

 

しかし現在、高校卒業までの教育の仕組みの中に、こうしたスキルを伸ばすことを主眼に置いたコンテンツがあるかというと、そうではないというのが現状です。

 

そこで私たちは、これから日本の医療を支えていく若者たちに、人間の医療従事者にこそ求められる資質を伸ばすコンテンツを有するチームと協力し、香川県の小豆島でメディカルキャンプを実施することにしました。

 

6泊7日という、教育キャンプでは国内に類を見ないスケールで、離島医療の現場に直に触れ、その問題解決に向けた自分なりの考えを人に伝え、他社の意見を聞き、また自分の考えを練るというサイクルを徹底的に繰り返します。

 

医学部受験の面接の場で事前に覚えたことを暗唱するような学生ではなく、常日頃から医療における社会問題に対して抱いている考えや、それに基づいて取った行動についてプレゼンできるような若者を、医療関係の教育機関・現場に送り出せるような取り組みにしていきたい、それがこの活動の大きな目標です。

 

 

IMAGINEXの紹介

EAJから業務委託を受けて本キャンプの運営を担当する株式会社IMAGINEX(イマジネックス)は、日本の高校生向けに海外の大学進学指導を行うチームです。

 

海外の大学に進学するうえで求められるリーダーシップを身につけるプログラムとその実践・指導ノウハウを持ち、全国から高校生の参加者を募ってリーダーシップ教育を施すキャンプ事業で目覚ましい実績を挙げている専門集団です。

 

自分の可能性を広げるキャンプ

 

 

  • 実存する社会問題に取り組み問題解決スキルを身につけながら、自分が何に興味があり、将来どんな業務に携わりたい、どんな大人になりたいのか仲間と一緒に考えてみませんか。

 

  • 今回のサマーキャンプでは、自然豊かで暖かい地元の方々が集まる小豆島を中心とし、四国の離島(女木島・男木島・豊島)をフェリーで巡りながら、グループで「離島医療の問題を見出し、解決策を見出します。

 

  • グループごとに離島医療の問題を地元の医療従事者や住民の方にお話を伺いながら見出し、解決策を発案し、最終的には発表します。

 

  • プログラムを通して、将来に必要な問題解決スキルや正解が一つとは限らない問題にも前向きに挑戦するマインドセットが身につき、また志の高い仲間との出会いから、自分を見つめ直し価値観や目標が明確化されます。

 

  • また、米国、ヨーロッパ、日本等の世界各地域で経験を積んできたファシリテーターと共に自分の興味関心を深掘りし、自分が理想とする将来に近づくための方法も身につけます。世界中の生徒の可能性と自信を引き出してきたファシリテーターが自らの経験やスキルを積み込んだプログラムを通じて、 他のキャンプでは味わえない7日間があなたを待っています。

 

IMAGINEX MEDICAL サマーキャンプ2018 概要

 

【日程】

2018年7月24日(火)〜7月30日(月)
(6泊7日)

 

【場所】

四国
(高松・小豆島・豊島・女木島・男木島)

 

【対象】

高校生
(やる気のある中学生も大歓迎!)

 

【定員

60名 ※先着順

 

【参加費】

21万円
(早割、お友達紹介キャンペーンあり)

 

【応募期間】

定員になり次第キャンセル待ち

 

 

キャンプで得るもの

 

 

問題解決とイノベーションを起こす力:問題の本質を見極め、他者と協働して解決策を見出す力

  • 問題の本質を見極め、創造的な解決策を生み出す方法
  • 他者の価値観や考え方を理解する力
  • 多様な価値観への理解から生まれる創造力・柔軟力
  • お互いに助け合い、モチベーションを向上し、持続するためのリーダーシップとチームワーク/コミュニケーションスキル

 

自分のゴール・目的の明確化:自らが目指したいビジョンを明確に作る

  • 成長のために自らの強みや課題を自覚する力
  • 自分の価値観を理解し、自分のミッションとビジョンを描く方法

 

不安な状況でも行動をとる方法:失敗も成長に繋げ、不安な状況でも一歩踏み出す行動力

  • 成長を阻む自分の癖や傾向を理解する力
  • ストレスを感じる状態でも、より建設的な行動をとる方法

 

 

対象となる学生・何故キャンプに参加すべきか

 

 

何かやりたい!という思いはあるが、自分が実際に何が得意で将来どんな仕事や分野に携わりたいかがぼんやりしており、これらを明確にしたい学生

仲間と一緒に社会問題に取り組む中で、自分を見つめ直し、自分の長所・短所、興味などが明確化され、今後の目標を見つけるきっかけになる

 

志ある仲間に出会いたい学生

ImaginExのキャンプでは、志の高い仲間と出会い、本音で語り合い、お互いに刺激を受けながら新たな目標や自分のなりたい姿を見つけることができます

 

将来、医療関連の業務に従事したいと考えている学生

実際の医療現場で、医療従事者からの話を聞き、離島医療の問題・解決策を見出すプロセスを経て、医療という場で自分がどんな役割を担いたいか明確になる

 

社会問題に興味がある学生

「離島医療」という社会問題の中の一つのテーマに様々な視点から問題・解決策を見出すことで、社会問題に取り組むために必要なスキルを身につけ、答えが一つとは限らない問題に対して自ら考え、仲間と解決策を導く力を磨き、社会問題に取り組む醍醐味と実情を知る

 

 

 

参加者の声(参加者)

 

気づいたとこ、学んだことの一つは自分の夢や興味があることに対し、それを「夢」で終わらせないで、その実現に一歩でも近づくために自分から action を起こすことです。

今回のキャンプで学んだのは、仲間と力を合わせて一つのものを作ることの大切さ。また、出来たものが不完全でもいいということ。

自分がしたいことの為に何ができるか考え、それを実行する人はテレビで見る遠くに位置する存在ではなく、探せば近くにいて、自分でもそれができると思えた。

私は人と違う事をしているのに、この1年は周りから“普通”に見られたいと思ったし”普通“に憧れてもいました。キャンプに参加してお互いがお互いを認め合う環境や“違う”ということを認めてくれる仲間に出会えたことで”自分らしく“の大切さにも気づかされました。

自分に足りないものがわかったり、わからないままでも大丈夫なんだなと気づくことができました。多様性の重要性をより強く感じ、もっと柔軟な視野が必要だと思いました。

思いきり笑って、泣いて、悩んで、相談して、歌って、踊って、語ったこの6日間は私にとってかけがえのない宝になると思う。

何もかもが最高でした。最高の友達もできました。

 

 

 

IMAGINEX MEDICAL サマーキャンプ2018のお問い合わせ・参加申し込みフォーム

IMAGINEX MEDICALサマーキャンプへのお問い合わせ、及び参加申し込みは下記のフォームからお願い致します。

担当者より連絡させていただきます。

 

→サマーキャンプへのお問い合わせはこちら

→サマーキャンプへの参加申し込みはこちら

 

Copyright© Edge Academy Japan , 2018 All Rights Reserved.